2008/03/02 全国高校サッカー出場記念石碑除幕式

この新春、第86回全国高等学校サッカー選手権大会に初出場したサッカー部は、その出場の記念として記念碑を作りました。

3月2日午後5時、サッカー部監督竹林先生、コーチ西山先生、虫谷先生とサッカー部員及び保護者、そして同窓会役員ら約百名が集合して除幕式を行いました。

神主の門屋臣氏(江津市市会議員、本校同窓会副会長)により記念碑除幕祭の神事が厳かに行われ、サッカー部3年生が綱をひっぱり記念碑にかけられた幕が取られました。

石碑には「全国高等学校サッカー選手権大会出場記念」と彫られて、その下には1年生から3年生までの22名の名前が刻まれています。

除幕式のアルバムを作成しました。

(この記事の投稿者: 石見智翠館高等学校)

« 次の記事 | 前の記事 »