2009/03/03 平成20年度全日制課程卒業証書授与式を挙行

3月3日(火)、平成21年度卒業証書授与式を午前10時より、本校体育館で挙行しました。4月1日(水)より石見智翠館高等学校に校名を変更するため、「江の川」最後の卒業式となりました。担任より卒業生143名一人ひとりが呼名を受け、智翠館在籍の田畑優美香さんが代表として、宅野幸徳校長より卒業証書を受け取りました。

宅野校長は「創立101年の江の川高校で学んだことに自信と誇りを持って羽ばたいてほしい。そして卒業してからも石見智翠館高校を支えてほしい」と告辞を述べました。宗近博邦理事長は「校名は変わるが建学の精神や校歌は変わらない。歴史と伝統のある学校の卒業生であることを忘れないでほしい」と挨拶をしました。

卒業生代表として中村研二君は「勉強と陸上の両立に悩んだが、仲間が支えてくれた。これからも夢を追い求めていく。校名が変わる寂しさはあるが、在校生は伝統を守りつつ、すばらしい学校を作ってほしい」と答辞を述べました。

(この記事の投稿者: 石見智翠館高等学校)

« 次の記事 | 前の記事 »