2010/08/10 我が部ののほほん姫宮崎へ行く

我が放送部の「のほほん姫」こと山田彩花さんが、8月2・3日の両日、宮崎県西都市で行われた第34回全国高等学校総合文化祭宮崎大会 弁論部門に出場しました。

左は益田東高校の小藪さん 中央は東国原宮崎県知事 右は山田彩花さん(会場にて)

8月3日(大会2日目)に笑顔で発表する山田彩花さん 

63名の弁士が熱弁を振るう中、良く検討し、18位(17位と同点)という成績をおさめました。

皆さんもご存知のように、宮崎県は口蹄疫問題で大会開催が危ぶまれましたが無事大会が開催されることとなり

ほっとしました。リハーサルや移動の関係もあり、宮崎には3泊4日しましたが、宮崎県民の皆さんの

好意的で温かい対応にホント、癒されました。口蹄疫問題で大変なご苦労があったにもかかわらず

そのようなことを微塵も見せず、明るく元気に親切に対応してくださった皆さんに心から感謝しています。

無料で宮崎牛を食べさせてくださった朝市の皆さん、まだ目的地に到着しないのに早くからメーターを倒して

安くしてくださったタクシーの運転手さん、朝早くから夕方遅くまで頑張っていた大会役員の皆さん

美味しい料理を提供してくださったホテルの皆さん、本当に感謝、感謝です。

宮崎バンザーイ、宮崎頑張れ。・・・・・・すっかり宮崎ファンになった私たちなのでした。

(ちなみに弁論担当は顧問の田中でしたので、宮崎は田中が引率しました。私の寝相も、素顔も見られてしまいました。そして私も、山田さんのあることを見てしまった。・・・・ということでお互いこのことは墓場まで持っていきましょう

(この記事の投稿者: 石見智翠館高等学校)

« 次の記事 | 前の記事 »