2010/08/10 ボランティア研修会に参加してきました

8月7日(土)島根県立江津清和養護学校で行われたボランティア研修会に参加してきました。

放送部がなんで?と思われるかも知れませんが、様々な経験を通して心豊かな人間に育って欲しいという

顧問の気持ちからです。放送部では学校や周辺のことを取材してアナウンス原稿にして放送したり、

小説などの朗読をしたりします。その成果が試されるのが、NHK放送コンテストです。

発声練習をしたり、技術的なものを学んだりしてもそれだけでは良いアナウンスや朗読はできません。

やはり言葉を発するときその人の人柄や人間性が表に出てくるものです。「深みのある人間」になってもらいたい

それが、放送部員に色々な活動をしてもらっている理由です。保育所訪問、ボランティアそうした活動を

通して色々なものを吸収し、糧にしてもらいたいのです。

ボランティア研修会では音楽セラピーというのを体験しました。歌を歌ったり、楽器を使ったり、体全体を動かして

コミュニケーションをとるというものでした。声を出すことは心を開くのですね。

その他にも江津清和の生徒の皆さんや保護者、先生方と風船バレーやゲームをして楽しみました。

帰りに景品のお土産までいただいて・・・・・本当にお世話になりました。部員たちも貴重な体験ができて

良かったと喜んでいました。江津清和さんでも、お得意の紙芝居や、読み聞かせ、手品を披露する機会があればと

懲りない面々は思っているようです。(トホホ・・・・)

(この記事の投稿者: 石見智翠館高等学校)

« 次の記事 | 前の記事 »