2012/02/03 寒波の影響はありませんでした

この冬一番といわれる寒気が島根県にも到来し、本校のある江津市でも2月1日から降雪が続きました。2日は日中も氷点下の気温が続いて学校も約3センチの積雪を観測しましたが、授業は平常通り行われました。

幹線道路が凍結して下校の通学バス運行に時間がかかると予想されたために、昨日は部活動を全部休止して、午後4時半に全校生徒を帰宅させました。寒波による学校生活・寮生活への大きな影響はありませんでした。

寮生の中には、一面銀世界になった景色を見るのが初めての生徒もいたりして、携帯電話で記念撮影をしたり、正面玄関先に降り積もった雪を固めて雪合戦に興じるなど、このたびの寒波をを楽しんでいる様子です。

本日は若干寒気が緩み、薄日のさす天候となっています。写真はラグビー部員が入居しているB棟玄関に出現した雪だるまです。

(この記事の投稿者: 石見智翠館高等学校)

« 次の記事 | 前の記事 »