学校要覧

本年度努力目標

本年度努力目標

①学力向上への施策と学習習慣・家庭学習時間の確保

  • 魅力ある授業、分かる授業、鍛える授業、力をつける授業に取り組む
  • 学力上位者の更なる伸長と下位層の底上げを
  • 教科内での研究授業と反省会
  • 学力パワーアップの有効活用
  • 50分6限授業 誰に見学されても恥ずかしくない授業を
  • 教科書は必ず年度内に終えること
  • 「大学入学共通テスト」を見据えて、発想力・想像力・コミュニケーション力・探究力がより必要 豊富な知識に加え、「思考力・判断力・表現力」が問われてくる

②進路指導の充実

  • 難関国公立大学、医学部、地方国公立大学への年ごとの実績向上
  • 進路を中心に各学期、各学年別模試判定会議を
  • 進路と教務、各学年との連携・協同
  • 進路・担任、部活動顧問との連携・協同
  • 職場開拓と追跡指導、インターンシップの検討
  • 多様な入試への対応、AO入試の活用と推薦入試
  • 文理1組の共通テスト入試の受験
  • 今年度から始まる新テストへの対応
  • 本校の評価は出口で決まる 智翠館でよかった

③規範意識や公共心の育成

  • 基本的生活習慣の確立
  • 楽しい学校生活と良い友人関係の育成
  • いじめや暴力のない校風の樹立を目指す
  • 校舎内外の清掃の徹底と環境整備の実践
  • 挨拶の励行、声掛けとコミュニケーションの力の構築
  • ボランティア活動の実践

④人権同和教育への取り組み

  • 人権尊重と平等の心を育て、差別のない社会の実現を目指し、一人ひとりの生徒を大切にする
  • 人の命の尊さや、体罰、暴言、暴力についての研修を行い研鑽に努める
  • 全教員が人権学習に意識を高め、LHR等で活用する

⑤部活動の活性と充実

  • 勝利することも大切であるが、まずは部内の和を醸成し落伍者を出さない
  • 部員の心と体の状態を絶えず把握し、適切な指導と管理に努める
  • 部報の発行やホームページを用いて、保護者への情報発信と良好な関係を構築する
  • 上・下級生のけじめと節度を監督し、暴言・暴力、飲酒・喫煙・万引き等の問題行動は絶対になくす
  • 指導者は部員とのコミュニケーションに努め、師として慕われ、敬われるべき人間力の形成に努めなければならない
  • 生徒や保護者が本校並びにこの部に入って良かったと、心底思える部でなければならない

⑥寮生活の充実

  • 規律ある生活と基本的生活習慣の確立
  • 同学年及び上下級生間の好ましい人間関係の構築
  • 各部屋、寮内外の清掃、ゴミ処理の分別と環境美化に努める
  • 公共物や個人の所有物は大切に扱う
  • 少ない時間でも学習時間の確保と継続を
  • 手洗い、うがいの励行に努め、食堂部の職員に感謝の心を持ち、良好なマナーを身につける
  • 郵便物や荷物の配布は速やかに、また金銭の管理は細心の注意を
  • 火災は絶対にあってはならないし、平素から全員で細心の注意を

⑦その他

  • 宿直任務は基本的に全員で
  • 保護者からの連絡は速やかに確実に教員・生徒に連絡する
  • 危機管理マニュアルを熟読し・理解し、事ある時は速やかに対応をする
  • 節電・節水他経費の削減に努める
  • 事故やけがによる生徒の病院への搬送は、必ず教員や顧問が同伴し、関係部署に連絡を
  • 私学の教員も公務員と同等の認識を持たれ、マナー・服装・言動他、範とならねばならない
  • 校長としてかばいきれない事象(飲酒運転・体罰・暴力行為・セクハラ・パワハラ・刑法に反する行為)